WDI_Blog_20171002ある電車の中でのできごと。

電車に乗り込んだ瞬間、車内中に響き渡る大音量の何か…。

不思議に思って辺りを見回すと、
周りはスマホを片手に画面に食い入る人、イヤホンをしている人、
タブレットを見る子ども…。誰が音源かはわかりません。

同じように不審に思っていた隣の男性も、「誰でしょうねぇ」と困り顔。。。

すると、次の駅で強面の男性が乗り込んできた瞬間、
眉を潜め「誰や?うるさいなぁ」とボソッと呟き、
端の座席から順に覗き込むようにして、音源を探し歩き始めました。

ドキドキとその様子を見守っていると、

男性がピタッと立ち止まった先は、

外国人観光客と思しき小さな兄弟たちでした。

 

タブレットで自国のアニメを見ていたようで、
ケラケラと笑い声まで立てていました。

立ち止まった強面の男性は、
サングラスの奥からチラリと目を覗かせ、

「兄ちゃんらぁ、うるさいから音小さくしいやぁ」

 

とタブレットを指差し、ボソッと告げてその場を立ち去りました。

恐らく、言葉は通じていなかったでしょうが、
その見た目と雰囲気で察したのでしょう。
子どもたちは、おずおずとタブレットを閉じました。

近くにいた両親は全く無関心のまま、子どもを一瞥するだけでしたが…。

ヒヤヒヤとその場を見守っていた周りの人たちも、言葉にはしませんが、

「おー、言ってくれたね」という清々しさと
「大ごとにならなくて良かった」という安堵感。

しかし、この話はこれで終わりではありません!

 

突然、先ほどと同じくらいの大音量で軽快な着信音が鳴り響きました。

誰もが、「あー、またこの人に怒られるでー…」とドキドキした瞬間。。。

「はい、もしもし!!」

と張り切って電話をとったのは…

なんと、先ほどの強面の男性!!

 

これでは、先ほどの注意も示しがつきません…。

外国人観光客のマナーについてよく問題視されますが、
まずは日本人も自らのマナーについて立ち返る必要がありそうです!