明けましておめでとうございます。

昨年は、多くの方々とのご縁を頂き、
「意味のあるインバウンド対策の重要性」を感じる一年でした。

多言語表記をすることだけが、
インバウンド対策に繋がるのではなく、
用途・国柄に応じた表記・観光地などにおけるPRポイントの発掘など、
必要に応じた戦略〜プランニング・デザイン・翻訳の全てのバランスを
整えることが大切であると、実感しております。

東京オリンピックに向けて、ますます注目されるインバウンド対策!

本年も、スタッフ一同、より一層広い視野を持って、
歓迎するデザイン=「Welcome Design」でのおもてなしを
皆さまにお届けできれば、と思っております。